wish kun展  2009  6/20-9/13

【夢の為なら夕日も沈まない】 wish kun 展  6/20---9/13マデ。  終了致しました

e0188055_14145718.jpg
wish kunは。。。 
靴箱を利用してつくられた真っ赤なPOST。

願い事の描かれた葉書ををお腹に沢山、詰め込んでいる。。。

wish kun のお腹の願い事を叶える為の絵や詩を描き 
願い事の主の家のPOSTに送り続ける画家がいる。。。

画家の名は【ドン・カ・ジョン】。。。ニホンノカタデス。。名古屋在住
彼の絵の温かさに涙がでました。。。

素敵展示室sovaにやってきたwish kun 展   
関東初上陸です。

募集は毎年数か月間
葉書は1枚500円
宛名面に自分の住所・名前・願い事を書く→wish kunポストへ投函
裏面に願い事が絵や詩となり戻ってくる=原画です!→自宅のポストへ到着

大人になっても願いを叶えてくれる人がいる。。。






大谷石素敵展示室sova での展示風景。。。キャンバス大小・・約20点
(左)葉書大の願い事の絵をキャンバスにアクリル絵の具で描き起こして展示しています。
(右下)展示してある白い紙はお客さんの願い事。
(右上)願い事を叶える為に描いてくれた絵【これはキャンバスですがポストに届くときは葉書です。】
e0188055_1442730.jpg

昨年の願い事と絵がカラーコピーのファイリングとなり展示してあります。是非、開いて見よう。623通。
e0188055_1603721.jpg

どうしても・・・とお願いして展示させて貰ったカワイイものたち。
e0188055_16282748.jpg

左・・手描きのwish kunポストいっぱいのTシャツ  中・・イイ感じのフライパン  右・・カッコイイ箱。。と命名されている箱

e0188055_19152288.jpg
【夢の為なら夕日も沈まない】
今回の展示会のタイトルは。。。。
ある男の子の願い事・・・を叶える為に描いた1枚です。

お願い事は。。。。↓




【やきゅうが
うまくなりますように】




















===========================================================
↓大谷石倉庫 素敵展示室sova プロデュース企画↓
9月6日~13日【茨城界隈・・出張 wish kun】 開催いたしました。
作家  ドン・カ・ジョンさん がその場で直接願い事を描いてくれました。
出張先は事前に相談=OK!を頂きましたカフェ&施設です。皆様のご理解ご協力に本当に感謝!
行く先々で温かい輪が広がりました♪初めての茨城界隈なので・・
マネージャーkurosawa(私)も同行!

9/6 (日)素敵展示室sova am11:30-pm15:30
   9/7 (月) 茨城県久慈郡大子 
アミーゴ牧場 am10:00-12:00
アートスペースきらり pm14:00-17:00 

9/8 (火)  off
9/9 (水) coya caf'e なのはな   am10:30-pm14:30 福島県いわき市
9/10(木) 移動型喫茶Joy's caf'e   pm19:00-pm22:00 茨城県古河市
9/11(金)off
9/12(土) 焼き立てスコーンと紅茶の店 La Tble De Izumi 茨城県ひたちなか市(素敵展示室sova 姉妹店)
   ①am11:30-pm15:00   ②pm18:30-20:00

9/13日(日) 素敵展示室sova am11:30-pm15:30

出張wish kun の行く先・・・それは・・この温かい活動に理解と感銘を受けてくれた素敵な場所でした。

ありがとうございました。。。温かさイッパイに終了しました。。。
===========================================================
自分の願い事を書いたハガキを。。。。
ハガキだけ赤いPOSTに投函の方は500円。
ドン・カ・ジョンさんに対面で直接描いて貰う方は1000円です。

一人でも多くの方の夢が叶いますように。。。。

出張wish kun にご協力頂く温かいみなさんの画像をご覧ください。
e0188055_5244579.jpg



●9/7の大子町での出張 wish kun....
アミーゴ牧場で働く秋山さん きらりで働く西川さんとの偶然の出会いにより実現しました。
お二人の職場の母体である医療法人直志会 袋田病院 は メンタルケアーを現代に合わせ深く掘り下げ、
そのケアーの一環としてメンタルに根ざした牧場やアートサロン的な場所 きらりを運営されているそうです。

都会の大病院では決してできない、この小さな田舎の病院であればこそ可能な、
「小さくともきらりと輝く病院」を目指していくつもりです。

という的場院長の考えの元に職員皆さんで現代社会において誰もがぐらつきがちな心のケアーに
取り組まれているそうです。

とっても若い彼女達・・秋山さん 西川さんの仕事に対する熱いお話しや、方向性。。。
とても感銘を受けました。きらりで働く西川さんのお仕事がアートセラピーといって絵を通して
心のケアーをされているそうです。
wish kun にお願い事を叶えて貰う今回の活動。。
こんな時代だからこそ是非、開催を!!という秋山さん、西川さんの情熱があってこその開催です。


職員さんや牧場やきらりに見えてる方。。お近くにお住まいの方是非、どうぞ。。。
沢山の皆さんのお願いが叶いますように。。。
[PR]
by sutekisova | 2009-08-03 14:42 | イママデ ノ 素敵展示。 
<< アンティークレースと手仕事展 ...